会葬

葬儀や告別式に参列することを、会葬といいます。葬儀は遺族、近親者を初めとするごく親しい人たちだけで行われ、一般の人は告別式のみに参列するのがふつうです。しかし、一般の人が葬儀に参列してはいけない、ということはありませんし、また、それぞれが別の儀式ですから、両方に参列することは構いません。

会葬のマナー:
葬儀や告別式には、遅れることのないよう、早めに出かけます。式場に着いたら、受付で「この度は突然のことで・・・」などと簡単にお悔やみを述べ、香典を差し出します。式場には余計な荷物はなるべくもっていかないようにします。受付で香典を手渡したところで会葬御礼品を受け取ります。その際コートなどは持参の風呂敷にひとまとめにして預けておきます。
また、会葬者のなかに知人や友人がいても、大きな声で挨拶をしたり、談笑したりするのは不謹慎です。目礼をかわす程度にします。