線香

一般的に、通夜の時は線香をあげ、告別式では香を焚く場合が多いようです。
ここでは線香のあげ方にふれます。
まず、設けの席のひとひざ手前に座り、持参の香典を右わきの前に置き、仏前に一礼します。
つぎに両手をついて設けの席ににじり出て、香典を仏前に供え、ローソクの火を線香にうつし、その炎は手であおいで消してから線香を立てます。
線香の炎を口で吹き消すのは不作法です。
線香は、一本だけ火をつけて立てます。2・3本に火をつけても、必ず一本ずつ立てるものです。線香を立てたら合掌して拝礼し、さらに一礼して両手をつき、設けの席からひとひざうしろに下がります。そこで遺族に丁寧にお辞儀をして、返礼をうけてから退席します。