引き出物や結婚内祝いの起源

結婚が決まると、お祝いをいただくことがあると思います。お祝いをいただいた場合は、引き出物や結婚内祝いを用意するのが一般的となっています。タオルやお菓子、高給食品など、贈る側もお返しする側も、ギフトには様々なものが選ばれています。引き出物の起源や内祝いの背景についてご紹介します。

引き出物は、平安時代から始まったと言われています。当時は結婚式の出席者にお土産として馬を贈る習慣があったようで、馬を庭に引き出して贈るというところから引き出物と呼ばれるようになりました。また、「引き」という言葉は縁起が良く、長引く、長く続くなど、末永い結婚生活という意味もあります。

一方、結婚内祝いがいつ頃からあるのかははっきりしていませんが、結婚式が始まった当時から、幸せのお裾分けや祝福されたことへの感謝の気持ちを込め、今の結婚内祝いのように何かお礼をしていたと考えられています。そもそも結婚内祝いは、お祝いがあった家がその喜びを身内と分かち合うために用意されるものでした。お祝いをいただいたかどうかに関係なく、祝って欲しい、喜びを分かち合いたいという方へ贈る幸せをお裾分けする品だったのです。

当時は結婚式が一般的ではなく、制度として引き出物や内祝いが用意されるようになったのはかなり後の明治時代になってからです。
明治時代以降に結婚式が一般的となり、それから御祝儀や引き出物、内祝いも大衆化していきます。

引き出物は披露宴に出席していただける方へのお礼やお返し、内祝いはお祝いをいただいた方へのお返しというイメージがあるのではないでしょうか。引き出物はお土産、内祝いは幸せや喜びのお裾分けと、もともとはどちらもお返しではなかったことが分かります。現代ではお祝いがあった方、祝福する側双方がギフトを贈り合うのが一般的です。それもまた素敵なことだと言えるのではないでしょうか。

結婚内祝いをお探しの方は、当社の通販サイトをお役立てください。引き出物や内祝いをはじめ、お祝いのギフトを充実した品揃えで用意しております。刻印サービスのウェルカムボードなどのウェディングアイテムもございます。メッセージカードやのし、ラッピング、手提げ袋は無料となっておりますので、是非ご活用ください。